MENU
閉じる  ×

しみの種類

①老人性色素斑

最も一般的で、誰にでも出来やすいのがこの老人性色素斑です。
30代~40代あたりから目立ち始めるのが一般的ですが、早い人では10代から出始めます。原因は主に紫外線と加齢だと言われており、別名日光黒子とも呼ばれます。
形は大小さまざまで、茶褐色をしており、境界線も明瞭です。また加齢と共に、増えたり、色が濃くなることが多く、脂漏性角化症に発展することもあるので、早めの治療をお勧めします。
日光の当たる部分や顔の側面にできやすいですが、どの部位にも発生する可能性はあります。
シミの発生自体は自然な老化現象のひとつではありますが、近年はレーザーでの治療が一般的になり、1~数回の治療で改善する為、気軽に行えるよう になってまいりました。

原因

紫外線を浴びることが原因。 紫外線で傷ついた表皮細胞がメラノサイトを活性化し続けメラニンが蓄積されます。メラニンが増えすぎて、ターンオーバーによる排出が追いつかないのが原因です。

さらに悪化すると
数が増え、大きさが増し、色調が濃くなることが多い。
進行すると脂漏性角化症になるともいわれております

②そばかす(雀卵斑)

そばかすは、幼少期から思春期にかけ、比較的大きさがそろっている1~4mmの小斑状で、おおむね左右対称にできるのが特徴です。特に鼻根や目の下側の顔の中央部に発生します。また、手や背中に発生することもあります。
季節によって色が変化する事も特徴で、紫外線の強い春から夏にかけて目立ちやすくなります。色は一般的なシミ(老人性色素斑)に比べて明るい黄褐色です。原因は紫外線と遺伝で、日光に頻繁に当たると増えたり、色が濃くなり悪化します。外出時には日焼け止めをつけるなど、紫外線に当たらないようできるだけ注意しましょう。

白人に比べて日本人には少ないと言われています

原因

遺伝的な要素が原因といわれております。
また一般的なシミの原因である紫外線やターンオーバーの乱れも 考えられます。

さらに悪化すると
色調が濃くなることがある

③肝班

目の下を除いた頬の高い位置に左右対称にできるしみで、地図のような形をしています。 30代~40代くらいに発症しやすく、やや赤みを帯びた黄褐色をしています。白人よりも黄色人種に多いと言われています。広範囲にわたりやすく、化粧で隠すのも一苦労で、女性にとっては深い悩みでもあります。
セルフケアでも改善が見られない場合は一度肝斑を疑ってみてください。 また、肝斑は、一般的な美白ケアや紫外線対策では予防も改善もできないやっかいなシミでもあります。

肝斑の原因は女性ホルモンが深く関係していると言われています。妊娠やホルモンバランスの乱れ、更年期、婦人科の病気にかかったとき、経口避妊薬(ピル)の使用によって誘発されたり悪化することからも、ホルモンとの関係が深く関わっている事がわかります。またストレスも原因の一つといわれており、適度な気分転換や十分な睡眠を心がけて悪化を防ぐことも大切です。
過度の摩擦によっても悪化するので日ごろのスキンケアが、あだとなって逆に肝斑を目立たせてしまうこともあります。
通常の老人性色素斑に有効なレーザー治療は、肝斑には逆効果ですので、治療の際には専門医の適切な診断が必要です。
エステなどのスキンケアや、通常のシミ用レーザー治療を受けて悪化したと言う方もいらっしゃることから、まずは専門の医師のもと、的確な診察を受け、正しい治療を受けることが改善への第一歩です。

原因

現状では明確な原因は解明されておりませんが、下記が原因ではないかと言われております。
・男性に出にくいことからも女性ホルモンが原因とも言われています。
・洗顔や顔を拭く、化粧品をつけるといった動作でこするなどの摩擦行為が刺激となり炎症が起きてメラニンが増える。
・紫外線を浴びることよるメラニン増加

さらに悪化すると
色調が濃くなり、範囲が広がることもある

④ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

額の両側や頬骨部にいくつかまとまって出現します。症状が軽いときには茶褐色をしていますが、メラニンの深さによって、灰色、そして青へと進行していきます。
メラニンがたまって色濃く見えている状態です。
ほほの部分に集まっている場合、肝斑と間違われやすいので、診察を受け、正しい診断と、症状に合った治療を受けることが大切です。

はっきりとした原因は解明されておりませんが、遺伝や紫外線が深く関わっていると言われています。
シミ用のレーザーで治療することが出来ますが、数回の治療が必要です。

原因

はっきりとした原因は解明されておりませんが、20代以降に発症する後天性のアザの一種です。
通常のシミとは違い真皮層にメラニンがたまっている状態です。

さらに悪化すると
色調が濃くなり、範囲が広がることもある

⑤炎症性色素沈着

やけど、ニキビ、虫刺され、かぶれ、アトピーや切り傷など、さまざまな原因によって、皮膚に炎症が起きると、炎症のあとが色素沈着を起こしてシミのようになることがあります。年齢に関係なく起こります。

通常は、炎症が再発しなければ半年以内に自然消失しますが、数年たっても消失しない場合もあります。
その為、ターンオーバーを整え、紫外線対策をしっかり行う事が大切です。

原因

炎症部位などで古くなった角質がはがれ落ちずにとどまり余分な角質が凹凸を作り、古い角質に阻まれて角質とともにはがれ落ちるべきメラニンが肌表面に残っていることが原因です 。

さらに悪化すると
通常、数カ月から数年で消失しますが、日焼けなどをすることにより濃くなり消失しづらくなります

⑥脂漏性角化症(老人性いぼ)

30代以上の男女に現れる、イボのような若干膨らんだシミで、わずかに盛り上がるものから、突出したしこりになるものまでさまざまです。黒っぽく表面ががさがさしています。
手のひら、足の裏以外の皮膚であればどこにでも現れます。
老人性色素斑と同様に加齢・紫外線などによって生じるもので、老人性色素斑と同時に現れることもあります。また老人性色素斑が進行すると脂漏性角化症になると言われています。
更に悪化すると炎症を起こしたり、頭部でくしにひっかかるなど、日常生活に支障をきたすこともありますので早めの治療が必要です。

原因

加齢などいわゆる肌の老化により角質の構造が異常になり肌表面にできてくることが原因です。
また、紫外線が原因の老人性色素斑が進行すると脂漏性角化症になるとも言われてます。

さらに悪化すると
数が増えたり、大きさが大きくなることがあります。
イボのような膨みが増すことにより引っかけてキズつきやすくなったりと炎症を引き起こす事こともあります

まずは無料カウンセリングから一人ひとりに最適なオーダーメイド治療を
フェミークリニックのシミ治療は患者さまごとに異なるお肌の状態を丁寧にカウンセリングすることからすべての治療が始まります。
まずは無料カウンセリングから、お気軽にご相談ください。

治療メニュー

シミのレーザー治療

ケミカルピーリング

肌トラブルを引き起こす余分な角質を除去して、肌の正常な働きを取り戻す、酸を使った治療方法です。

詳しくはコチラ

レーザートーニング

レーザートーニング

従来のレーザーでは治療できなかった肝斑やしつこいシミの悩みを解消する新型レーザー治療機器。

詳しくはコチラ

フォトRF(ePlus)SR

フォトRF(ePlus)SR

シミやくすみ、しみやたるみと、様々なお肌の悩みを解消する新型万能機器を使った施術。

詳しくはコチラ

フェイシャルアクシダーム

フェイシャルアクシダーム

針を使うことなく、イオン導入の約10倍と言われる浸透力でスキンケアの有効成分を肌の奥まで届けます。

詳しくはコチラ

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

肌トラブルを引き起こす余分な角質を除去して、肌の正常な働きを取り戻す、酸を使った治療方法です。

詳しくはコチラ

美白クリームLUMIXY

美白クリームLUMIXY

敏感肌にも最適の美白治療。パハイドロキノンの17倍もの効果を持っています。

詳しくはコチラ

センシル美容液

センシル美容液

センシル美容液は、高濃度ピュアビタミンCが肌に素早く浸透し、あらゆる肌トラブルを改善します。

詳しくはコチラ

当院について

診療案内

フェミークリニック総合サイト
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談
インフォメーション

診療案内

お問合せ

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック
無料診察・カウンセリング予約
無料メール相談
0120-3888-18
電話受付時間 [月~土] 10:30~20:00
       [日・祝] 10:30~19:00
診察時間   [月~土] 11:00~20:00
       [日・祝] 11:00~19:00
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目3-2 御堂筋ミナミビル5F
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談

梅田フェミークリニック 梅田フェミークリニック

無料診察・カウンセリング予約
無料メール相談
0120-3888-67
電話受付時間 [月~土] 10:30~20:00
       [日・祝] 10:30~19:00
診察時間   [月~土] 11:00~20:00
       [日・祝] 11:00~19:00
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談
facebook Instagram blog
ページトップへ