シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白

レーザートーニング シミ・そばかす・くすみ・肝斑治療

レーザートーニングでは、「メドライト」という最新のレーザーを使用して治療を行います。
広範囲に均一でレーザーを照射できることから、これまで治療が難しいとされてきた肝斑を改善することが出来ると言われています。

レーザートーニングの主な効果・特徴

肝斑について

肝斑というのは、30~40代の女性にできやすい薄茶色いシミの一種です。
肝斑ができる原因というのは、女性ホルモンに大きく関係をしていると言われており、女性ホルモンが極端に減少をする閉経後はできなくなると言われています。
女性ホルモン以外では、紫外線や皮膚の摩擦など外部からの刺激であったり、毛細血管の拡張が原因になるとも言われています。
シミか肝斑のどちらかを素人では見分けることが非常に難しく、正しい治療を行わなければ症状が悪化をしてしまうこともあります。
ですので、自分で判断をせずに医師の診察を必ず受けるようにしましょう。

レーザートーニングについて

レーザートーニングは、「メドライト」という最新のQスイッチYAGレーザーで、治療が難しいとされてきた肝斑やしつこいシミなどの治療方法です。
肝斑の改善には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬・外用薬、イオン導入による治療が行われてきたのですが、レーザーや光治療では治療が困難とされ、短期間で肝斑を薄くすることは困難とされていました。
肝斑というものは、シミのように見えるものの、メラニンを作るメラノサイトが少しの刺激で活性化しやすくなっていることから、レーザーや光治療で刺激を与えることでさらに悪化をするとされていたのです。
レーザートーニングで使用するメドライトは、非常にマイルドなパワーでレーザーを広範囲に照射することから、メラノサイトに刺激を与えることなく、蓄積されたメラニンを減らすことが出来るのです。
施術ごとにメラニンの蓄積が減っていき、透明感のある美しいお肌を取り戻すことが出来るのです。

□正常な皮膚細胞を殆ど傷付けることなく治療が出来る

  • 施術によって出血したり、傷痕が残ることはありません。
  • 使用するレーザーは、赤外線・可視光線領域の波長の光なので、安全に施術を受けることが出来ます。
  • レーザーを照射したときは、輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みがあります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

効果・メリット

肝斑にレーザー治療が可能に

これまでは、肝斑の治療にレーザーを使用することが出来なかったのですが、レーザートーニングが誕生したことにより、レーザーにて肝斑の治療を行うことが出来るようになりました。
ですので、数ヶ月もかかっていたこれまでの治療法に比べると、治療期間を大幅に縮めることが出来るようになりました。

肝斑以外のしつこいシミやくすみ、毛穴の開きも改善

レーザートーニングは、肝斑以外にもしつこいシミやくすみなどの色むらも改善をすることが出来ます。
また、開いてしまった毛穴を引き締めることもでき、キメが細かいハリのあるお肌を手に入れられます。
美肌治療を行ったことがない方も、これまで色々な美肌治療を行ってきた方も、十分に効果を感じてもらえるのがレーザートーニングです。

ダウンタイム・副作用が無い

レーザー治療では、施術後に腫れや痛みなどを伴う副作用が出ることがあったのですが、レーザートーニングはそういった副作用が出ることは殆どありません。
また、施術後すぐにメイクをしていただくことも出来ますので、ダウンタイムが殆どないとも言えるでしょう。

両頬のシミ(肝斑)が薄くなりました

会社員 46歳 K・Oさん

お世話になっております。
肝斑には画期的な治療法がなかなか見つからず悩んでいましたが、レーザートーニングに出会い、肌全体の透明感も上がって大変満足しています。スタッフの方々も親切で、予約の時間通りに施術をしていただけるので、とても助かりました。

より効果を高めるために

施術の併用

レーザートーニングと他の美容治療を併用して行うことで、より治療効果を高めることが出来るのです。 肝斑の改善を目指す場合は、レーザートーニングと併用をして、トラネキサム酸・ビタミンCなどの内服・外用薬の服用や、イオン導入、ケミカルピーリング、美白化粧品でのスキンケアを行なうのがお勧めです。

レーザートーニングの治療案内メニュー
美容に関するお悩みに無料でお答えします
無料カウンセリング予約 無料メール相談