MENU
閉じる  ×

シミの原因

シミのメカニズム

シミとは、肌の上にできる色素の変化のことで、老人性色素斑や肝斑など様々な種類があり、色も大きさもその種類により異なりますが、多くはメラニン色素が表皮にとどまってできるもので、色は褐色系です。
また、その原因もシミの種類によって異なりますが、その主たる要因となるのは紫外線です。

ここでは肌の構造と、シミのできるメカニズムについて詳しくご説明します。

肌の構造

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織と大きく3つに分かれていますが、この一番上にある表皮は、厚さわずか0.1~0.3mmと非常に薄く、この表皮の中でシミは発症します。真皮と接する表皮の一番下は、基底層、その上に有棘層、顆粒層、角質層と積み重なっています。
表皮の大きなはたらきは、外界からのバリア機能とターンオーバーです。
角質層は、私たちの体の中にほこりや雑菌などが侵入するのを防ぐとともに、体内の水分が過剰に蒸発しないよう守っています。

ターンオーバーのしくみ

表皮の一番下にある基底層で、新しい表皮細胞(ケラチノサイト)が作られると、有棘層で栄養を補給し、分裂しながら、徐々に上へと押し上げられていきます。
角質層に至ると、最後は細胞核を持たない角質となり、アカとなって自然に肌からはがれ落ちていきます。これを肌のターンオーバーと呼び、正常は肌では約28日周期でこのターンオーバーが繰り返されています。
加齢、紫外線の影響、肌への刺激、ストレスなどによりターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンがはがれ落ちずに色素が沈着し、シミとなります。

シミのできるメカニズム

紫外線から肌を守るためメラニンを生成

表皮の一番下の基底層には、約36個の基底細胞に対して1個の色素細胞(メラノサイト)が存在します。肌が紫外線を浴びると、メラノサイトはメラニンを作り出し、メラニンは表皮細胞(ケラチノサイト)内にとどまって、紫外線から細胞核を守ります。

ターンオーバーが乱れるとメラニン色素が停滞、そしてシミへ

本来なら、約28日間のターンオーバーを経て、メラニン色素も角質となってはがれ落ちていくものです。しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れ、追いつかなくなると、肌の中にメラニン色素がとどまった状態になってしまい、それがシミの原因となるのです。

紫外線の浴びすぎは、過剰のメラニン生成のもと

強い紫外線を浴びたり、長時間紫外線にさらされたりすると、メラノサイトは過剰にメラニンを作り出しますので、ケラチノサイトに送り出されるメラニンの量も増加します。

まずは無料カウンセリングから一人ひとりに最適なオーダーメイド治療を
フェミークリニックのシミ治療は患者さまごとに異なるお肌の状態を丁寧にカウンセリングすることからすべての治療が始まります。
まずは無料カウンセリングから、お気軽にご相談ください。

様々な要因

シミの様々な原因のひとつとして、紫外線が挙げられますが、シミの種類によっては紫外線だけではなく、その他の要因も複雑に絡み合って生じます。また、肌のターンオーバーを乱れさせる原因も様々です。
フェミークリニックではシミの種類を的確に見極め診断し、症状に合わせた最適な治療で確実に悩みを解消します。また、治療後のケアも万全に行っております。

紫外線

シミは主に紫外線が原因となって生じ、紫外線は真皮にまで達するので、細胞 を破壊し肌のハリや弾力を失わせるなど、お肌の老化の原因にもなります。 紫外線は刺激誘因物質としてケラチノサイトを刺激し、それによってメラノ サイト活性化因子であるプラスミンが、メラノサイトに対してメラニンを作る ように指令を出します。メラノサイトはメラニンを作る工場のようなものです。 メラニンは紫外線から細胞核を守るために作られるものなので、本来は悪者 ではありませんが、紫外線を浴びすぎるとターンオーバーで排出しきれない 多量のメラニンが生成されてしまい、それが沈着してシミとなるのです。

肌への過剰な摩擦

肌を強くこすったり、必要以上の強さでマッサージをしたり、ニキビをつぶしたりすることで、肌が炎症を起こすと、色素が沈着しシミとなります。また、過剰な摩擦はメラノサイトを刺激し、メラニンを生成しやすくなります。 メイク落としの際にゴシゴシと肌を強くこすったり、自己流でスクラブやピーリングを行ったりすると、肌が炎症を起こしてしまうことがありますので気をつけましょう。

加齢

年齢とともに新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーも遅れがちになります。 そのため、メラニン色素が表皮から排出しづらくなり、沈着してしまったものがシミとなります。また、老人性色素斑は、紫外線を長期間浴び続けてきたことにより表皮細胞が光老化を起こし、メラノサイトを活性化させてメラニンを過剰生成してしまうことによって起こります。

活性酸素

紫外線、ストレス、喫煙などで発生する活性酸素は、メラニン色素を過剰に生成する原因になります。
活性酸素が発生すると、肌は酸化防止のためにチロシナーゼ酵素を活性化させます。メラノサイトで作られたチロシンに対してチロシナーゼが働きかけることで、黒色メラニンへと変化していきます。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンとメラニン色素には密接な関係があり、特に肝斑は女性ホルモンの影響が原因でできやすいシミです。女性ホルモンには、エストロゲン (卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、このプロゲステロン(黄体ホルモン)は紫外線同様に刺激誘因物質としてプラスミンに働き、メラニン色素を増加させます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)が過剰に生成されるのは、排卵後月経が始まるまでの2週間、妊娠期、経口避妊薬の摂取時ですので、この時期は特に紫外線を避けるようにするとよいでしょう。 また、この時期にシミが濃くなったと感じる場合は、肝班の可能性が高いと言われております。

ストレス

ストレスがたまると、肌のターンオーバーが乱れがちになるとともに、活性酸素も発生させます。また、ストレスを受け続けると、脳下垂体は副腎皮質ホルモンと男性ホルモンを分泌するため、ホルモンのバランスが崩れます。 そして、脳下垂体の隣にある中葉が誤作動を起こすことでメラニン色素を生成してしまうのです。そのため、シミができやすくなります。

睡眠不足

睡眠時には成長ホルモンをはじめとする、重要なホルモンが多数生成されます。睡眠時に生成されるホルモンのひとつに、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)があります。エストロゲンが不足すると、肌のターンオーバーが乱れるため、シミができやすくなります。

内臓のトラブル

腎臓や肝臓の機能が低下すると、シミの生成を抑える働きのある副腎皮質ホルモンの分泌が低下します。副腎の機能が低下すると、色素細胞刺激ホルモンが過剰に分泌されることで、シミができやすくなります。 肝機能の低下は食生活に大きく関わる為、普段の食生活の見直しも必要と言えます。

当院について

診療案内

フェミークリニック総合サイト
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談
インフォメーション

診療案内

お問合せ

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック
無料診察・カウンセリング予約
無料メール相談
0120-3888-18
電話受付時間 [月~土] 10:30~20:00
       [日・祝] 10:30~19:00
診察時間   [月~土] 11:00~20:00
       [日・祝] 11:00~19:00
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目3-2 御堂筋ミナミビル5F
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談

梅田フェミークリニック 梅田フェミークリニック

無料診察・カウンセリング予約
無料メール相談
0120-3888-67
電話受付時間 [月~土] 10:30~20:00
       [日・祝] 10:30~19:00
診察時間   [月~土] 11:00~20:00
       [日・祝] 11:00~19:00
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談
facebook Instagram blog
ページトップへ