MENU
閉じる  ×

小顔・顔痩せ

クマについて

目の下のクマは、寝不足や疲れているような印象を与えるだけではなく、年齢以上に老けて見えてしまうことがあります。一言で目の下のクマといっても原因は様々で、原因を把握せずにセルフケアで改善しようとすると、逆に症状を悪化することもあります。
専門の医師による的確な診察のもとで治療を行うことが、効率的に症状を改善するための近道です。

クマの基礎知識

クマタイプをチェック

青クマ(血行不良)

青クマ(血行不良)主に血行不良により現れる症状で、眼精疲労をはじめ、寝不足・ストレスなどが原因と考えられます。
血行不良により、血管が収縮することで、青黒く見えます。目の下の皮膚は薄いため、症状が現れやすい部分となり、表情も暗く見えがちになります。

【チェックポイント】
・皮膚を軽く引っ張ると多少色が薄くなる

茶クマ(色素沈着)

青クマ(血行不良)紫外線によるメラニンの沈着や、乾燥、擦れなど、色素沈着が原因で目の周りが茶色くくすんだ様な症状です。血行不良による青クマと判断し、念入りに目の周りのマッサージなどを行うと、刺激になり色素沈着を引き起こす原因にもなりかねるため、注意が必要です。これは、洗顔や、メイク時も同様で擦りすぎないように注意しましょう。

【チェックポイント】
・引っ張っても色が変わらない

黒クマ(たるみ)

青クマ(血行不良)年齢とともに、しわが生じたり皮膚がたるむことで、影ができて黒く見える症状です。シワやたるみの原因は、コラーゲンの減少や乾燥などが挙げられます。アイクリームなどの保湿は必須ですが、マッサージなども力を入れすぎたり擦れすぎが原因で、シワやたるみが悪化する恐れがあるため、注意しましょう。

【チェックポイント】
・皮膚を軽く引っ張ると薄くなる
・たるみの部分を押すと色が薄くなる

クマ治療はこのような方におすすめ

  • 目のくまが目立つ
  • 目の下のふくらみが目立つ
  • メイクしてもくまが隠れない
  • いつも疲れた顔に見える

クマの治療メニュー

  サーマクールアイ PRP療法 ヒアルロン酸注入 レーザートーニング アクシダーム
青クマ
(血行不良)
   
茶クマ
(色素沈着)
     
黒クマ
(たるみ)
   

PRP療法(ACR療法)

PRP療法(ACR療法)

患者さまご自身の血液の血小板を利用して、しみやたるみなどを解消する治療方法です。

料金用はコチラ

ヒアルロン酸注射

光線治療

ヒアルロン酸は人体に無害。鼻を高くしたりほうれい線の治療も可能です。

料金表はコチラ

レーザートーニング

レーザートーニング

従来レーザー治療では禁忌とされていた肝斑の悩みを最先端のレーザー治療で解消

料金表はコチラ

フェイシャルアクシダーム

フェイシャルアクシダーム

針を使わずに、肌の表面からスキンケアに有効な成分を浸透させる方法です。

料金表はコチラ

当院について

診療案内

フェミークリニック総合サイト
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談
インフォメーション

診療案内

お問合せ

心斎橋フェミークリニック

心斎橋フェミークリニック
無料診察・カウンセリング予約
無料メール相談
0120-3888-18
電話受付時間 [月~土] 10:30~20:00
       [日・祝] 10:30~19:00
診察時間   [月~土] 11:00~20:00
       [日・祝] 11:00~19:00
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目3-2 御堂筋ミナミビル5F
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談

梅田フェミークリニック 梅田フェミークリニック

無料診察・カウンセリング予約
無料メール相談
0120-3888-67
電話受付時間 [月~土] 10:30~20:00
       [日・祝] 10:30~19:00
診察時間   [月~土] 11:00~20:00
       [日・祝] 11:00~19:00
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
無料診察・カウンセリング予約 無料メール相談
facebook Instagram blog
ページトップへ