レーザートーニング

TONING

シミ治療はレーザートーニングで悩み解消

一度出来てしまったシミを諦めていませんか。 シミ治療をすれば一度出来てしまったものも、綺麗に消すことが出来ます。 レーザートーニングはシミを薄くする効果があるため、何度かレーザートーニングの照射を繰り返すことによって徐々にシミを薄くすることが出来ます。 この方法なら日焼けやホルモンバランス、加齢による肝斑などのシミもメラニンを徐々に減らしていくことが出来ますので、レーザー治療では消すことが難しかったシミも改善させていくことができます。

同じように見えるシミにも、実は様々な種類があります。それらは種類によって効果のある治療法が異なるため、間違った治療を行ってしまうと、悪化する場合もあります。 それだけに、「適切な治療法を見極める」ことは非常に重要です。しかし、多くの場合、シミ治療にいらっしゃる患者さまのお肌には、種類の異なるシミ・肝斑・くすみなど、症状が混在しています。数多くの症例の中から、患者さま一人ひとりの肌や症状の状態と合せて最適なシミ治療を行ないます。

フェミークリニック心斎橋院では、シミ治療にもシミの症状によってさまざまな種類がありますので、患者さま一人ひとりに合せた施術をご案内いたしますので、お気軽にご相談ください。

レーザートーニングは微弱なパワーで治療

通常のレーザーによるシミ治療は強いパワーで照射するので濃いシミに高い効果があります。しかし肝斑のような薄いシミは強いレーザーではなかなか消すことが難しいため、薄いシミにはあまり効果がでませんでした。また無理にレーザー治療を行ってしまうと、メラニンを活性化させてしまうため、薄いシミが濃くなってしまうデメリットがあります。

肝斑は中年期以降の女性に出来やすいシミで日焼けやホルモンバランスの崩れ、紫外線の影響や加齢による肌の劣化などで起こります。出産後も肝斑が出来やすいのですが、この場合ホルモンバランスが元に戻ると自然に治癒することもあります。ですが、残念ながら色素沈着してしまいシミとして残ってしまう場合もあります。 これまで肝斑のような薄いシミはなかなかレーザーでは消すのが難しかったのですが、レーザートーニングを使用したシミ治療であれば、微弱なパワーを当てて回数を重ねて治療していくことで肌のメラニンを徐々に減らすことが出来ますので、肝斑などの薄い色素のシミ治療も行うことが出来ます。

レーザートーニングはシミ以外にも肌のくすみや色素沈着にも効果があります。治療回数を重ねることによって薄いシミが消えていく他にも、肌のきめも整えることが出来ますので美肌効果も期待することが出来ます。

治療の流れと副作用について

レーザートーニングの料金は初めての方はトライアルで頬のみ9,800円で行ないます。 顔全体を行った場合は42,000円となります。セットの場合はお得に施術可能ですので、詳しくは料金ページをご確認ください。

治療の流れは、最初に顔のシミの状態や肝斑の状態を診て、レーザートーニングによるシミ治療が有効かどうかを医師が判断します。シミ治療が有効な場合は、気になる悩みの部分にレーザートーニングを照射していきます。照射時間は20分程度で、治療後はすぐにメイクをしてそのまま帰ることが出来ます。人によっては照射後に赤みや痛みがある場合がありますので、この場合は赤みや痛みが消えてからメイクをするとよいです。 治療後に内出血などの副作用がありますが、メイクでカバーできる程度なので安心です。

レーザー照射後の注意点は、当日から洗顔も洗髪も入浴も行うことが出来るのですが、レーザーを照射した部分の肌はデリケートになっているため、強くこすらないようにしましょう。時間が経過すると小さなかさぶたや内出血が出てくることもありますが、肌をあまり触らないようにした方がよいです。かさぶたは剥がさないようにして、自然に剥がれ落ちるのを待ちます。 また、一過性の皮疹が発生することがあります。稀ですが、長期間続いた結果、色味の脱色化がみられる可能性もあります。 症状が長引く場合には、お気軽にご連絡・ご相談ください。

ダウンタイムは1週間から2週間程度

レーザートーニング治療後のダウンタイムは個人差がありますが1週間から2週間程度です。ダウンタイムとはレーザー治療を行った後のレーザーの痛みや腫れが治まるまでの回復期間のことを言います。人によってはダウンタイムが短くすむ方もいれば、肌が回復するまで時間がかかるケースもあります。

レーザートーニングは通常のレーザーよりも弱い出力ですので、ダウンタイム中のダメージも内出血程度ですみます。化粧をすれば隠れる程度ですので通常に日常生活を送ることが出来るでしょう。 しかし施術直後は肌が弱っている状態でダメージを受けやすくなっていますので、いつもよりも丁寧に扱う必要があります。洗顔時は顔をゴシゴシ洗ったりすると色素沈着しやすくなりますので、気を付ける必要があります。また紫外線の害を受けやすくなりますので、日焼け止めをしておいた方がよいです。目からも紫外線を感じると、肌を守るためにメラニンを作ろうと指令がでるので、外出時はサングラスをしておいた方がよいかもしれません。

レーザートーニング照射後は肌の乾燥が強くなるため、十分に保湿を行い、なるべく肌にダメージを与えないように過ごすことが大切です。治療を繰り返すには、ある程度の期間をあけて行う必要がありますので、治療回数や次の照射までどのくらいあけるのかについては医師と相談してください。 当院では、紫外線対策や効果的なスキンケアの方法はもちろんのこと、シミができにくい生活習慣に至るまで、医療の視点からご提案・アドバイスをさせていただきます。