ケミカルピーリング

CHEMICAL

シミ治療に最適なケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは、特殊な薬剤を使って肌の表面に残る不純物等を取り除く美容医療の治療法です。シミやニキビなど、さまざまな肌トラブルに対する効果が期待できます。 また、他の美肌治療の効果を高める働きもあることから、複数の治療メニューとセットで用いられることもあります。美容サロンでも施術が受けられますが、純粋な医療目的での施術は医療機関においてのみ行われており、使用する薬剤の効き目の強さなどが異なります。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングのピーリングとは、「剥く、はがす」といった意味を持つ言葉です。野菜やフルーツの皮を剥く道具であるピーラーと語源は同じです。つまり、美容医療としてのピーリングは、古いお肌をまるで皮を剥くようにして取り除き、フレッシュなお肌への生まれ変わりを促す医療技術なのです。

ピーリングには、レーザーを使うなどいくつかの方法があります。その中で、酸を使ってお肌の表面を溶かしたり剥離したりするのがケミカルピーリングです。通常、お肌の角質層は新陳代謝によって新しい細胞が生まれると古い細胞は自然に剥がれ落ちていきますが、生活習慣の乱れなどによってこのサイクルに狂いが生じると、古い角質がいつまでも表面に残ってしまいます。ケミカルピーリングは酸によって古い角質を取り除き、紫外線などのダメージを受けていない新しい細胞が表面に出てくるのを手助けします。

ケミカルピーリングはメラニン色素が沈着した皮膚細胞を取り去ることができるため、シミ治療の手段としてよく用いられます。また、古い角質だけでなく毛穴に詰まった余分な皮脂や有害な菌なども取り除けるので、ニキビ治療にも効果が期待できます。肌の状態を根本的に改善できるため、トラブルの解消だけでなく予防にも役立つのです。

フェミークリニック心斎橋院の「ケミカルピーリング」

豊富な治療実績を持つ美容皮膚科フェミークリニック心斎橋院では、シミ治療に確かな実績を持った医師が丁寧に診察を行います。一人ひとりのお悩みとしっかりと向き合うからこそ、症状に合わせた効果的なシミ治療を提案できるのです。

以下では、フェミークリニック心斎橋院が行っているケミカルピーリング治療をご紹介します。

グリコール酸

フルーツ酸(アルファヒドロキシ酸)の一種で、浸透性が高い医療機関専用のケミカルピーリング剤です。コラーゲンの生成を促す効果があり、施術後は肌のハリ・弾力アップを実感いただけます。

サリチル酸マクロゴール

グリコール酸同様、医療機関専用のケミカルピーリング剤です。酸を皮膚表面に止め、角質にのみ作用するよう作られています。シミやくすみ、毛穴の黒ずみなどメラニンを原因とする肌トラブルに効果を大きく発揮します。また、肌を柔らかくし、弾力のある肌へ改善する効果もあるため、シワやたるみの治療にも使用されます。

TCAピーリング

ケミカルピーリングの中でも、肌に働きかける力が最も強いピーリング剤です。約1か月間隔で3~5回程度治療を繰り返すことで、コラーゲンの生成が促されます。肌の組織が修復され、シルクのようななめらかな肌へ変化します。

まとめ

近年では、ピーリング剤を配合したジェルや石鹸など、自宅でピーリングができる製品も出回っています。ただ、プロが行うケミカルピーリングは作用の強い薬剤を使うので自宅ケアとは効果が大きく異なり、万が一のリスクにも備えられます。また、ケミカルピーリング以外の治療を併せて受けることで相乗効果も期待できます。

フェミークリニック心斎橋院では、患者さま一人ひとりの肌質やお悩みを理解し、的確なシミ治療をご提供します。施術だけではなく、より効果を実感いただくために施術後のセルフケアなどのアドバイスも行います。頑固なシミにお悩みの方は、ぜひ当院へお越しください。