VIO脱毛

人気のVIO脱毛!デリケートゾーンだからこそ美容皮膚科で

心斎橋フェミークリニックのVIO脱毛

近年、人気が高まっているVIO脱毛。面倒な自己処理の手間から解放されるうえ、デリケートゾーンを衛生的に保てると、多くの女性が始めています。

しかし、VIO脱毛は肌トラブルが生じやすいデリケートな部位だけに、しっかりと専門的な知識のあるクリニックで安全に行うことが必要です。
医療レーザーの特性によって、黒ずみや肌荒れが起こりがちなVIOラインも、脱毛を行うことで改善が期待できます。これは美容皮膚科の脱毛だからできることです。

大阪・難波の美容皮膚科 心斎橋フェミークリニックでは、美容医療業界17年の実績を元に、早くて痛みの少ないVIO脱毛をお届けできるよう、努めております。

VIOの医療脱毛
施術
時間
40分
痛み
レベル
★★★★ 4
VIOラインは、毛量が多く太い毛のため痛みを感じやすい部位です。
心斎橋フェミークリニックでは、麻酔クリームを使用し痛みの負担を軽減することも可能です。
毛嚢炎、
ニキビ等の
リスク
毛嚢炎
★★ 2
ニキビ
★★ 2
他の部位に比べ、痛みを感じやすく赤みが出やすい部位です。
痛みの感覚を伺いながら照射スピードを調節するなど施術経験豊富なスタッフが丁寧に治療をおこないます。
施術
範囲
VIO脱毛
VIO脱毛
V:足の付け根2cmの範囲 
※V内側の脱毛は「ハイジニーナ脱毛」へ
I:女性器の周囲と肛門までのライン(粘膜の部分は脱毛できません)
O:肛門周り

痛みを最小限に抑えたVIO脱毛を

VIOとは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(ヒップ奥)の脱毛箇所のこと。いわゆるデリケートゾーン全体の脱毛を行うことをVIO脱毛と呼んでいます。
VIOの脱毛範囲は以下の通りです。

Vライン(ビキニゾーン)

Vライン(ビキニゾーン)

Vラインとは足の付け根のから2cmの範囲を指します。
※Vラインの内側の脱毛をご希望の方はハイジニーナ脱毛をご覧ください。

Iライン(陰部周囲)

Iライン(陰部周辺)

Iラインとは女性器の周囲に発毛している部分の毛を指します。
女性器周辺から肛門までのラインを脱毛します(粘膜部分は脱毛できません)。

Oライン(肛門周囲)

Oライン(肛門周辺)

Oラインとは肛門周りに生えるムダ毛を指します。
肛門周辺の発毛している部分すべての照射が可能です。

心斎橋フェミークリニックのVIO脱毛の特徴

痛みを最小限に抑えたVIO脱毛を

痛みを最小限に抑えるVIO脱毛

VIOの毛は濃く太いため、全身の中でも痛みを感じやすい部位です。また、医療脱毛はエステ脱毛と違い永久脱毛ができる強力な医療レーザーを使用しています。
そのため、特にVラインは痛みを感じやすく、照射に「バチッ」とした痛みを感じる可能性があります。

心斎橋フェミークリニックでは、痛みを感じにくいよう照射スピードを落とし、細かくお声がけをしながらゆっくりと照射していきます。

当院では多くの症例から、最も痛みが感じにくい方法を取り入れ施術を行います。
また、痛みに強い抵抗がある方など、患者さまがご希望される場合は麻酔クリームも使用いただけますのでご安心ください。

施術スタッフ全員がVIO脱毛の経験者

医療脱毛経験者が施術を行います

VIOラインは普段人に見せない部位なので、施術時にスタッフに見られることを不安に感じている方も多いでしょう。
中には「デリケートゾーンを見られたくない」という理由から、VIO脱毛を躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

心斎橋フェミークリニックでは、照射する部位以外はタオルで隠し、脱毛時の露出を最小限に抑えます。

また、脱毛施術を行うのは、VIO脱毛の経験がある女性看護師のみです。
脱毛を経験しているからこそ、痛みやプライバシーなどに最大限配慮したVIO脱毛を行うことができます。

VIO脱毛のおすすめプラン

VIO脱毛 5回
VIO脱毛範囲イメージイラスト
¥98,000
全身脱毛+VIO脱毛 5回
全身脱毛+VIO脱毛範囲イメージイラスト
¥360,000

※初診料・カウンセリング料・再診料は無料です。

※料金には薬代・剃毛代が含まれます。

※表示価格はすべて税抜きです。

VIO脱毛にはうれしいメリットがたくさん!

生理の時も安心!蒸れやすいデリケートゾーンも清潔に

蒸れやすいデリケートゾーンも清潔に

デリケーゾーンは、常に下着などで覆われているため雑菌が繁殖しやすく、ムレやかゆみ、ニオイなどが発生しやすい部位です。

VIO脱毛をすると、これらのお悩みが改善され、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。
とくに生理の時は、アンダーヘアに経血が付着しにくくなるため、不快感がグッと解消されますよ。

ムダ毛がなくなるから!水着や下着のおしゃれの幅が広がる

VIO脱毛でおしゃれの幅が広がる

おしゃれな下着や水着を見かけても、「本当は着てみたいけど、ビキニラインのムダ毛が気になって諦めた...」なんてことはありませんか?

VIO脱毛をすれば、ムダ毛を理由におしゃれを諦める必要はありません。
周りからの目も気にする必要が無くなります。
ビキニラインにも自信が持てるようになり、下着や水着のおしゃれを思う存分、楽しめるようになります。

お肌の黒ずみや肌トラブルも解消へ!

VIO脱毛でお肌の黒ずみやトラブルを解消

水着を着る時や彼氏とのデート前には、身だしなみとしてVIOラインを自己処理しておく方が多くいらっしゃいますよね。

ですが、デリケートゾーンは自分では見づらく、IラインやOラインを鏡で見ながら自己処理するのは大変危険です。
また、VIOラインは皮膚が薄いため、自己処理は肌を痛めます。特にカミソリや毛抜きを使った自己処理は、お肌を傷つけやすいためおすすめはできません。
それが長年積み重なって行くと、黒ずみの原因や色素沈着として残ってしまい、お肌が汚く見えてしまうのです。

VIO脱毛で自己処理から解放されれば、デリケートゾーンを傷つけるリスクからも解放されるのでおすすめです。

VIO脱毛のよくあるご質問

  • Q.

    VIO脱毛は痛くないですか?

    A.

    痛みの感じ方には個人差がありますが、VIOラインは毛が濃く太いため、痛みを感じやすい部位です。
    心斎橋フェミークリニックでは、照射時のスピードを落としたり、医療レーザー機器を使い分けることで、痛みを出来る限り抑えるように努めています。
    ご希望であれば麻酔クリームの使用も可能ですので、痛みが心配な方はお気軽にご相談ください。

  • Q.

    VIO脱毛に必要な回数・期間はどのくらいですか?

    A.

    一般的には2~3か月間隔で5回、1年~1年半の期間を目安としています。
    ただ、ムダ毛の濃さには個人差があり、お一人おひとりが目指す目標も異なるため、回数や期間の断定は難しいです。
    心斎橋フェミークリニックでは、毛の抜け具合を確認しつつ、照射を行ってまいりますので、効率よく少ない回数で進めることが可能です。

  • Q.

    生理中にVIO脱毛は可能ですか?

    A.

    生理がかぶりそうな場合は、事前にご連絡をいただき、予定の変更をお願いします。
    生理前や生理中はホルモンバランスが乱れやすく、医療レーザーを照射すると普段より肌が敏感になっています。
    そのため、照射中の痛みに敏感になったり、ごく稀に炎症などの反応が強く出たりする場合があります。
    ただし、急な生理の場合はタンポンを使用していただければ、脱毛自体は可能です。まずは、心斎橋フェミークリニックへお気軽にご相談ください。

  • Q.

    デリケートゾーンの毛が白くなっていますが、VIO脱毛は可能ですか?

    A.

    医療脱毛は、ムダ毛の黒い色(メラニン色素)に反応するレーザーを肌に照射する施術法です。そのため、白くなったアンダーヘアではレーザーが毛に反応せず、脱毛することができません。
    大阪・難波エリアでVIO脱毛をご希望の方は、アンダーヘアが白くなる前に早めにご相談下さい。