医療脱毛はどれくらいの回数で完了するの?

1回では終わらない??医療脱毛の回数とは?

医療脱毛の回数とは?

脱毛の回数や期間がどのくらいかかるかご存知ですか?
エステサロンでの脱毛では、20回以上施術をしても永久脱毛にはならないことが多く、医療機関でも使う脱毛機器や医療技術で永久脱毛が完了するまでの期間には差があります。

美容皮膚科 心斎橋フェミークリニックは、開院から17年間、効果や安全性にこだわって品質向上を続け、脱毛機器の選定も含め、患者さまによりご負担の少ない医療脱毛の提供に取り組んでまいりました。

医療脱毛でどのくらい通えば良いのか、そして最短回数で結果を出す当院の取り組みについて、詳しくご案内いたします。

医療レーザーの仕組みと毛周期の関係

医療用レーザーの仕組みと毛周期

医療脱毛に使用されるレーザー機器には黒色(メラニン色素)に反応するレーザーが用いられています。
皮膚の表面からレーザーを照射すると毛のメラニン色素に反応して熱エネルギーが発生し、毛包全体に作用。
それによって毛乳頭が破壊され、毛の再生能力は失われます。
この「細胞の破壊」は医療行為ですから、エステサロンや脱毛サロンでは行えません。
言い換えれば、永久脱毛は医療機関のみで可能ということです。

毛周期に合わせた施術が効果を出すカギ!

毛周期に合わせたレーザー照射がカギ

毛は一定の期間で生え代わりを繰り返しています。
これを毛周期(発毛サイクル)と呼び、大きく成長期・退行期・休止期に分けられます。

脱毛に使用する医療レーザーは毛に含まれるメラニン色素に反応するため、黒いしっかりした毛の生えた、成長期の毛にもっとも効果を発揮します。
しかし、毛が生え代わるタイミングはバラバラで、成長期の毛は全体の20%ほど。それだけに複数回の施術が必要なのです。

「短期間で脱毛が完了する」とうたっているクリニックやサロンもありますが、早く終わらせようと施術間隔を短くしたからといって、毛周期に合わなければ十分な効果は得られません。
毛周期は部位によって異なり、個人差もあります。
一人ひとりの状態をしっかり把握し、適切なタイミングで施術することこそが完了までの回数を少なくするコツです。

部位ごとに異なる効果実感までの回数

脱毛の仕組みや効果を出すコツがわかったところで、次に気になるのは「効果が実感できる回数」です。
身体の部位によって毛の太さや濃さは異なるだけに、医療脱毛の効果が実感できる回数にも差が出ます。
それでは、それぞれの部位は実際に何回くらいかかるのか、詳しくみていきましょう。

もっとも効果を実感しやすい「ワキ・足・腕」

ワキ・足・腕の医療脱毛の回数

効果が目に見えやすい部位の代表格がワキ・足・腕です。
他の部位に比べて太く濃い毛が多いのでレーザーが反応しやすく、3回くらいで毛が減ったと感じる方が多いようです。
ただし、自己処理が不要になるには、やはり5回程度の施術が必要です。

レーザーがしっかり反応!効果が分かりやすい「VIO」

VIOゾーンの医療脱毛の回数

近年、美容意識だけでなく衛生面からも脱毛をする人が増えているVIO。
毛の濃さや密度の個人差があらわれやすいものの、一般的に太く濃い毛が多く、脱毛効果がわかりやすい部位のひとつと言えます。
一方で、施術時に強い痛みを感じたり、施術後に色素沈着を起こしたりしやすいだけに、レーザーの照射出力を弱めて施術するケースがあるため、毛量・デザイン調整で3~5回、ハイジニーナで5回以上と、完了までの回数はやや多くなります。

回数がかさむ産毛が多い「背中・顔」

背中・顔の医療脱毛回数

背中や顔の毛は細く軟らかい産毛がほとんどです。
メラニン色素が少ないだけにレーザーが反応しにくく、効果を実感するまでの回数が多くなります。
それでも、ほとんどのクリニックがレーザー機器の選定やレーザー出力の調整によって、なるべく少ない回数で効果を出せるよう、工夫をしています。
なお、心斎橋フェミークリニックでは、顔の毛の毛周期が6~8週間と他の部位より短いので、施術スパンや肌への負担を考慮し、10回で完了を目指すコースをご案内しています。

エステ脱毛の回数は医療脱毛の2倍以上?

脱毛を考えたとき「どこで施術するのがいいの?」と悩まれる方も多いと思います。
皮膚科や美容クリニックといった医療機関とそれ以外の各種サロンには大きな違いがあり、必要な回数にも差が出ます。
その違いについてご説明します。

一時的な除毛にしかならないエステ脱毛

エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステサロンや脱毛サロンの脱毛は光を用いることから「光脱毛」とも呼ばれます。
毛に含まれるメラニン色素に反応して熱を生じさせるという仕組みは同じものの、医療脱毛の強力なレーザーが毛を作り出す細胞を破壊するのに対し、光脱毛は熱エネルギーが弱く、細胞にダメージを与えるだけにとどまります。

一時的に毛はなくなるものの、時間がたつとまた生えてきてしまいますから、いつもムダ毛のない肌でいたい場合は定期的な施術が必要です。

結果、回数が増えるのはもちろん、たとえ1回の費用がリーズナブルであっても、最終的に費用がかさんでしまいます。
その点、医療脱毛は1回の効果が高く、少ない回数で効率的に永久脱毛ができます。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛(レーザー脱毛) エステ脱毛(光脱毛)
効果 永久脱毛 一時的な除毛
回数 5回程度 20回以上
期間 1年~1年半 2年以上
費用 1回あたりの費用で見るとエステよりも高く見えるが、満足できるまでのトータルコストは抑えられる。 1回あたりは安いが、通い続けなければならないので、結果費用がかさむ可能性がある。

心斎橋フェミークリニックは最短回数で高い満足度を実現

医療脱毛は難波エリアの心斎橋フェミークリニック

医療脱毛の回数についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
少ない回数で効率よく脱毛をしたい方、永久脱毛を望む方には、クリニックで行う医療脱毛が適しているとおわかりいただけたと思います。

大阪の美容皮膚科 心斎橋フェミークリニックは、決まった回数の中でより効率的に医療脱毛を行うために、さまざまな工夫をしています。

複数のレーザー脱毛機器の中から患者さまに適したものを選択し、1回ごとに効果をみながら照射出力を調整するのもそのひとつで、結果、基本の5回コースを終えた時点で多くの方にご満足いただいております。

これから脱毛しようとお考えの方は、安全性を重視し、効果的な医療脱毛を追求している心斎橋フェミークリニックにご相談ください。
無料カウンセリングでは患者さまに最適なスケジュールをご提案いたします。