脱毛の痛みについて

脱毛の痛みが心配なら

最近では綺麗な肌を手に入れるため、クリニックで脱毛の施術を受けることが一般的になってきました。脱毛の施術では特殊なレーザーを肌に照射し、毛を生み出している毛母細胞にダメージを与えることで毛の成長を防ぎます。その時に毛根周辺の皮膚にも熱が伝わるため、肌質や肌の状態によっては痛いと感じることもあるので注意が必要です。

脱毛の痛みを軽減する方法

痛みを感じる原因にはいろいろありますが、まずはマシンの出力が高すぎることが原因かもしれません。マシンの中には出力を調整できる種類も多いため、痛いと感じた時はすぐにスタッフに伝えてください。出力を下げてもらうことにより、痛みが緩和されます。

適切な出力調整が大事

出力を下げると、効果が低くなってしまうのではないかと心配になるかもしれません。しかし、強い痛みが出てしまうほどの出力で照射を続けた場合、火傷など別の肌トラブルの原因になってしまうこともあります。肌へのダメージも大きくなるため、綺麗な肌を手に入れたいなら適切な出力での施術が重要となるのです。我慢するよりまずはちゃんと医師やスタッフに相談しましょう。

術後のホームケアをしっかりと

感じ方には個人差もありますし、中には施術後も痛みが続いてしまうという人もいます。術後にしっかりホームケアをすることによって痛みを和らげることが可能です。脱毛の施術後は、脱毛した部位の肌が乾燥しやすい状態になっています。乾燥によるかゆみや、見た目にも美しい状態ではないので、施術期間中はきちんと肌の保湿を行いましょう。また、肌の保湿は次回以降の施術で痛みを和らげることにも繋がりますので、普段からホームケアするようにしておきましょう。

脱毛の痛みが悪化する原因

クリニックで脱毛を受ける場合、痛みが悪化する原因になることを避けることも大切です。日焼けをした肌にレーザーを当てることにより、通常よりも痛みを感じやすくなるのです。フェミークリニック心斎橋では剛毛でも産毛でも、様々な毛質に対応することができます。 どのレーザーも通常は十分な効果を発揮しますが、日焼けなどでメラニン色素が多い場合など、特殊な状況にもより効果の高いレーザー脱毛を行うことができます。

乾燥はお肌の敵であり、痛みの原因でもあります

もう一つの痛みの原因は乾燥肌です。肌が乾燥していると肌を守るためのバリアがなくなり、肌が敏感な状態になってしまいます。乾燥している肌には細胞同士のクッションとなる水分が不足している状態です。そこに脱毛のレーザーを受けた場合、熱を吸収することができず、皮膚の細胞へ直接ダメージが加わってしまうのです。また、生理中も痛みを感じやすいとされています。VIO以外なら生理中でも施術を受けられますが、ホルモンバランスの変化によって肌が敏感な状態になっているので注意しましょう。

脱毛の痛みが強い部位と弱い部位

脱毛する部位によっても痛みの感じやすさは変わってきます。VIOやワキなど毛が太く密集している部位は痛みが強くなる傾向にあります。一般的な脱毛の痛みは輪ゴムで弾かれる程度と表現されることがありますが、毛の太い部位は他の部位より刺激を感じやすい傾向にあります。毛が太いということはメラニン色素が濃いということであり、レーザーが強く反応してしまいます

施術を繰り返すうちに徐々に痛みが減っていく

特に最初の施術では毛が密集して生えている状態であるため、かなり痛いと感じるかもしれません。しかし施術を繰り返すうちに毛が薄くなっていくので、自然と痛みも軽減されていきます。

皮膚が薄い部位も痛く感じやすい

太い毛が生えていなくとも、皮膚が薄い部位は刺激が骨まで伝わりやすく、痛く感じることがあります。特に顔の皮膚は薄いので、産毛の脱毛でも人によってはかなり痛く感じることがあります。反対に痛みを感じにくいとされているのは腕です。腕は皮膚が厚く、生えているムダ毛もそこまで濃いわけではないので刺激が少ない部位です。腕の脱毛は初心者でも始めやすいですし、まずはクリニックで体験してみるのがおすすめです。

もちろんあまり痛くないと言われている部位でも、人によっては耐えられないほど痛いと感じてしまうことがあります。しかし、その苦痛はずっと続くわけではありませんし、脱毛を続けることで少しずつ刺激は弱まります。

当院では全てのスタッフが施術を実際に経験し、痛みの程度や効果が出るまでの経過を体験しています。そのため、施術時は患者さま目線で考えることができます。 それぞれの施術の痛みの感じ方や効果の経過を経験しているからこそ、高品質の施術を提供することができます。当院では無料のカウンセリングを行っていますのでお気軽にご相談ください。その時に刺激を弱めるための方法や、自宅でのケア方法なども患者様に最適な対策をご提案します。