大学教授陣及び有識者からのコメント

名古屋大学教授 医学博士 宮尾 克

美容外科や美容医療というものが需要を高めていますが、現在のところは美容の分野は、医療機関によって力の入れ方というのに差がみられるのです。
そもそも美容外科とは、形成外科や皮膚科において美容面に焦点を置くことで発展をしてきました。
発展をして間もないこともあり、大学での講義や実習では、時間をほとんどかけない場合が多いのです。
したがって、美容外科や美容医療の分野というのは、医師1人1人の努力であったり、技術といったものに委ねられてしまっているのです。
女性1人1人が満足のいく美を手に入れるために、さまざまな取り組みをフェミニークリニックでは行っています。

北海道大学形成外科 名誉教授 大浦 武彦

医療技術は日々発展をしていますが、その発展をした技術というのが美容医療の分野でも生かされ始めてきています。
これまでは、外科手術をおこなわなければならなかった治療も、メスを使用せずに行う治療へと、だんだんと変わってきているのです。
女性の多くが1度は挑戦してみたいと思う脱毛やシミ・シワ取りの治療ですが、以前のレーザー治療というのは、高額でなかなか受けることが出来るものではありませんでした。
しかし、医療技術の発展や医療機器の進歩によって、手頃な治療費で安全な施術を受けることが出来るようになってきているのです。
今後も研究が続けられることで、どんどんと美容医療も進歩をしていくでしょう。
これは、美を大切にしている女性にとっては、何よりも嬉しいことなのではないでしょうか。

コレージュ・ド・フランス フランス国立神経科学研究所
  客員教授 前帝京大学 准教授 医学博士 都筑 俊寛

フェミークリニックが行っている治療というのは、真のアンチエイジングこれを目的として行っているように感じました。
以前から注目をされていますアンチエイジングというものですが、女性の理想のアンチエイジングと現に行われているアンチエイジング治療には、大きな差があったのです。
しかし、医療の進歩や医学の発展にともなって、女性が求めるアンチエイジングの施術を受けることが出来る環境に整いつつある段階まで来ていると言えると思います。
患者さまが求めておられるアンチエイジング効果を治療を受けることによって感じて頂く、これこそが美容医療に携わる医師としての使命ではないでしょうか。

元聖マリアンナ医科大学助教授 医学博士 山田 正道

女性はいくつになっても、美を追求し続ける生き物です。
美を追求した結果、美容整形をされる方も増えてきています。
ただ、美容整形というものは、人工的に美を手に入れるものですので、本来は施術を行う必要がない部分に傷をつけてしまうことになるのです。
本当に必要な治療ではないということから、美容整形に対しては反対の意見も多いです。
美しさというのもは、生まれ持ったものをいかにして輝かせることが出来るかということだと思っています。
フェミークリニックが行っている治療は、生まれ持ったものをより輝かせるための施術ですので、本当に女性が求めている美を手に入れることが出来るのです。

美容に関するお悩みに無料でお答えします
無料カウンセリング予約 無料メール相談