カウンセリング予約 メール相談 TEL

ニキビの部位

ニキビは「部位」ごとに原因と対策方法が異なる!

ニキビは「部位」ごとに原因と対策方法が異なる!

ニキビは、発生する部位ごとに原因と対策方法が異なることをご存知ですか?
「同じところにニキビができてしまう」
「入念にケアをしてもキレイに治らない」
など、繰り返すニキビにお悩みの方は、部位ごとの原因を知らないまま間違ったケアを続けている可能性があります。
こちらのページでは、「部位」に焦点を当てて、ニキビの原因と正しい対策方法をご紹介します。

ニキビができやすい8つの部位

部位①:皮脂腺が集まる「おでこ」

部位①:皮脂腺が集まる「おでこ」
原因
  • 皮脂の過剰分泌
  • 前髪についた汚れによる刺激
  • シャンプーやリンスの洗い残し
対策
  • 規則正しい生活を送る
  • 汗をこまめに拭き取る
  • 前髪を上げる、留める
  • シャンプーやリンスをおでこの生え際までしっかり洗い流す

お顔の中でも特にニキビができやすいおでこは、お肌に触れるものを清潔に維持することが改善への第一歩です。


部位②:Tゾーンと呼ばれる「眉毛から眉間・鼻」

部位②:Tゾーンと呼ばれる「眉毛から眉間・鼻」
原因
  • 過剰な皮脂やメイク汚れによる毛穴詰まり
  • 偏った食生活(特に、糖分・脂肪分の多い食べ物)
  • 睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れ
対策
  • 丁寧な洗顔・クレンジング
  • 野菜や果物を中心とした食生活
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスを溜め込まない

ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなるTゾーン。
この部位にニキビができやすい方は、生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。


部位③:汗腺の少ない「アゴ」

部位③:汗腺の少ない「アゴ」
原因
  • 間違った洗顔やスキンケア
  • 生理前、ストレスによるホルモンバランスの乱れ
対策
  • 優しく丁寧な洗顔
  • 油分の少ないスキンケア用品で保湿
  • ストレスを溜め込まない

ゴシゴシ擦る洗顔は、汗腺が少ない分乾燥しがちなアゴを更に乾燥させてしまいます。
過度に乾燥したお肌はうるおいを求めて皮脂を過剰に分泌するようになるため、アゴニキビの対策には「保湿」が重要です。


部位➃:乾燥しやすい「口元」

部位➃:乾燥しやすい「口元」
原因
  • 食べ物・化粧品による汚れ
  • 体調不良や冷え
  • 疲労やストレスによるホルモンバランスの乱れ
対策
  • 口元の汚れを丁寧に洗い落とす
  • 保湿
  • 体調が悪く、疲労がたまっている場合は休息を

口元はアゴ同様に乾燥しやすい部位であるため、食べカスや口紅を擦らず丁寧に洗い落とし、入念な保湿で対策すると良いでしょう。


部位⑤:毛穴が詰まりやすい「フェイスライン」

部位⑤:毛穴が詰まりやすい「フェイスライン」
原因
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 乾燥
  • 髪の毛についた汚れ
  • 長期間洗濯していない寝具や衣類
対策
  • ストレスを溜め込まず、十分な睡眠をとる
  • 洗顔の洗い残しに気を付け、十分に保湿をする
  • 髪の毛をまとめる
  • 枕カバーや布団など、寝具を清潔に保つ

一度出来てしまうとなかなか治らないフェイスラインのニキビは、外からの刺激が原因で発生してしまうことが多くあります。
上記の対策の他、頬杖をつかないなど日頃の習慣を見直してみましょう。


部位⑥:衣類で蒸れやすい「背中」

部位⑥:衣類で蒸れやすい「背中」
原因
  • 毛穴詰まり
  • 下着や洋服の蒸れ
対策
  • シャンプーやボディーソープをしっかり洗い流す
  • 汗を拭き取る
  • 蒸れにくい衣類を身につける

背中は自分では見えない部位であるため、気づかないうちにニキビの症状が進行している場合があります。
背中の状態をこまめに鏡でチェックしてみてはいかがでしょうか。


部位⑦:細菌が繁殖しやすい「うなじ・首」

部位⑦:細菌が繁殖しやすい「うなじ・首」
原因
  • シャンプー、ボディーソープの洗い残し
  • 頭皮から流れる汗
  • 長時間洗濯していない寝具や衣類
対策
  • シャンプーやボディーソープをしっかり洗い流す
  • 汗を拭き取る
  • 寝具、衣類を清潔に保つ
  • 紫外線対策

髪の毛や衣服の不清潔な環境によってニキビが発生しやすいうなじと首。
髪の毛をまとめるなどの工夫が必要ですが、紫外線もニキビの悪化に影響を及ぼすため、紫外線対策も入念に行ってください。


部位⑧:衛生管理が重要な「デコルテ」

部位⑧:衛生管理が重要な「デコルテ」
原因
  • アクセサリーや衣類、汗による刺激
  • 紫外線
  • 身体をゴシゴシ洗いすぎる
  • ホルモンバランスの乱れ
対策
  • アクセサリーや衣類を清潔に保つ
  • 汗をこまめに拭き取り、紫外線対策をする
  • 身体を優しく丁寧に洗う
  • ストレスをためずに過ごす

デコルテは清潔に保つことが大切な部位であり、ケアを怠るとニキビができやすくなります。
入浴時に身体を優しく洗う他、順序に気を付けてシャンプーやリンスの洗い残しにも注意しましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

10代~20代前半にできる思春期ニキビと、20代後半になってからできる大人ニキビとでは、できる部位も原因も異なります。
それぞれの特徴を知って、正しく対策をしましょう。


思春期ニキビ

部位 鼻のまわり・おでこ(Tゾーン)などの皮脂が出やすい場所
原因 成長ホルモンが大量に分泌される影響で、ホルモンバランスが崩れる

成長期特有の思春期ニキビは、丁寧な洗顔や、脂っぽい食事は避けるなど食生活に気を付けることで改善に繋がります。


大人ニキビ

部位 口元・アゴまわり、こめかみなど
原因 ストレスや睡眠不足など、不規則な生活習慣

繰り返しできやすい大人ニキビは、様々な要因が絡んで発生します。
毛穴の汚れ・乾燥に気をつけたスキンケアを行い、規則正しい生活を心がけましょう。

ニキビの改善は専門家への相談も視野に入れて

ニキビの改善は専門家への相談も視野に入れて

ニキビが悪化するとニキビ跡になってしまう可能性が高く、跡ができてからでは改善が難しくなります。
特に顔に出来たニキビ・ニキビ跡は、肌をくすんで見せたり、不清潔な印象を与えるため要注意です。
ニキビを治そうとしても、自己流のスキンケアだけでは限界があり、間違ったケアを続けると悪化する原因にもなります。
早期改善を目指すなら、専門の皮膚科や美容皮膚科への相談を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

難波・心斎橋フェミークリニックのニキビ治療

難波・心斎橋フェミークリニックのニキビ治療

美容皮膚科 難波・心斎橋フェミークリニックでは、軽度から重度のニキビまではもちろん、部位ごとに適切な治療プランをご提案しております。
患者さまの症状に合わせた治療で多角的にアプローチするため、今できているニキビだけでなく、ニキビを繰り返さない肌へと根本から改善できます。
また、当院は治療効果を高めると共に、お肌の状態を維持・再発予防をするためにホームケアのアドバイスも行っています。

PAGE TOP