ケミカルピーリング

CHEMICAL

ケミカルピーリング後のアフターケア

シミやニキビ、シワやたるみなど様々な肌トラブルのケアに効果があるとして、人気なのが「ケミカルピーリング」です。ただ、ケミカルピーリングを受けるにあたり、ケミカルピーリングは、酸を使って機能の低下した角質層をはがし、一度リセットする治療方法です。 角質のターンオーバー(新陳代謝)を改善し、さまざまなお肌のトラブルを解決する治療です。また、ケミカルピーリング後はアフターケアが重要と言われています。

ケミカルピーリングの主な特徴について

・酸で余分な角質層は除去し、肌の機能を正常にします。
・余分な角質を無くす事で他の治療の効果を高めます。
・肌質を柔らかくして、肌トラブルが起こりにくくなります。
・肌のターンオーバーを促す事で、しみやくすみの解消に繋がります。
・施術後しばらくの間、肌が多少乾燥しやすくなる場合があります。

ケミカルピーリングは、その蓄積された古い角質を、サリチル酸マクロゴール又はグリコール酸によってやさしくピーリング(はく離)し、 新しい細胞への生まれ変わりをバックアップします。 肌のトラブルを解消して、若々しい素肌を取り戻します。サリチル酸マクロゴールは確実に角質層のみに留まり、血中への吸収はほとんどないことから痛みや赤味が出にくく副作用は少ないといえます。

しかしながら稀にケミカルピーリングの術後、肌がピリピリするなどの痛みを感じることがあります。剥がされるのは古い角質以外に、肌細胞も含まれるため、そのためピリピリとした痛みが出ることもあるのです。また、肌が炎症を起こして赤みが出るというのも、ケミカルピーリングで起こりうる副作用の1つです。

フェミークリニック心斎橋では副作用を軽減するため患者様ひとり一人にあったオーダーメイド治療を提供しています。また使う薬剤の量が多いなどすると副作用が出やすくなります。薬剤と肌質の相性を見極められる医師が、施術を行います。

ケミカルピーリングの効果とメリット

ニキビ肌にはもちろん、様々なお悩みにも効果的です。ターンオーバー(表皮の新陳代謝)が乱れる事により、お肌の細胞がうまく生まれ変われず留まることによって、肌荒れや、ニキビができる原因となります。

また、年齢とともにハリや弾力が無くなり小じわができるのも、このターンオーバーの機能が低下していることが原因と言われており 、ターンオーバーを整える事が大切だと言えます。 ケミカルピーリングによってターンオーバーを正常化することにより、コラーゲンの生成を含め、ニキビ肌の改善から 毛穴の開きの改善やアンチエイジングなど様々なお悩みに効果が期待できます。またケミカルピーリングは余分な角質を除去するため、他の美肌治療の効果を高めるという利点があります。 特に、アクシダームや光線治療などと併用して行う事で、単独で治療するより更に効果的な治療を行う事が出来ます。

ケミカルピーリングのリスクとその解消法

ケミカルピーリングの施術を行うと、肌から余分な角質を除去するため、肌が生まれ変わるまでの数日間、多少乾燥しやすくなったり、化粧のノリが悪くなったように感じる場合があります。

フェミークリニック心斎橋では、ケミカルピーリングの後にイオン導入と保湿パックを行う事で、肌が潤いを保てるよう施術を行っています。 また、当院医師によって保湿効果の優れた化粧品を選び、ご案内も行っておりますので、宜しければご利用下さい。

またケミカルピーリングの治療後は自宅でもいつも以上にしっかり保湿ケアすることが大切なのです。普段、スキンケアに使っている基礎化粧品でも良いのですが、より保湿効果を期待するのであればセラミドやヒアルロン酸など、保湿作用の高い美容成分を配合した基礎化粧品にかえてみるのも良いでしょう。

一般的に言われている保湿や紫外線対策といったアフターケアは、シミ・シワ・たるみ・ニキビ・毛穴の開きなど様々な肌トラブルを予防するものです。基本となるケアなので、保湿と紫外線対策は忘れずに行うと良いでしょう。