ニキビ跡のよくある質問

よくある質問

  • Q.

    ニキビ治療は跡が残らずキレイになりますか?

    A.

    ニキビ跡を目立たなくするためには、治療器具を使った治療とロアキュテインと呼ばれる薬の服用がおすすめです。早期の治療であれば多くの場合綺麗にすることが可能です。 クレーターのようになってしまった場合、深く細胞が損傷しているため、まだ赤いうちにビタミンC導入やピーリングなどのケアをすることが大切になります。赤みがある内は、細胞が修復をしようしているということですのできちんとケアすることが重要です。 コラーゲンなどを増やしニキビ跡が残らないようにすると、回復が早くなります。しかし、赤みが引いてしまったニキビ跡やクレーターになった部分については、早めに専門の医師にご相談ください。ニキビ治療を早急に始めることをおすすめしています。

  • Q.

    ニキビ跡が残ってしまうのはなぜですか?

    A.

    ニキビは治っても跡が残ることがあり、このニキビ跡も中々治らないことがあります。ニキビ跡は大きく分けると2種類あり、ニキビの炎症によるダメージが赤みとして肌表面に残る「赤色調皮疹」、もう1つはニキビが激しい炎症を起こして肌の深いところまでダメージを受け、皮膚が破壊、クレーターといわれる「陥没性瘢痕」です。

    ニキビが起こる原因は常在菌であるアクネ菌で、毛穴がふさがり、酸素と触れなくなると増殖し始めます。次にアクネ菌が炎症を引き起こし、さらに悪化すると毛穴の内部細胞が破壊され、炎症が収まった後も瘢痕となるニキビ跡になるのです。これが収縮すると皮膚が硬くなり、陥没が起きてしまいます。赤く盛上がってしまった炎症性のニキビをそのままにしていると、徐々に拡大、周囲の正常な皮膚にも影響を与えてしまうこともあります。こうやって拡大してしまった場合、消えないニキビ跡になりやすいと言われています。

  • Q.

    治療で綺麗にすることができないニキビ跡はありますか?

    A.

    ニキビ跡はフェミークリニック心斎橋院で治療することが出来ますが、種類によっては綺麗に消すことが難しいものもあります。赤みやシミのように色素沈着を起こしているニキビ跡ですと、レーザー治療などを行うことでほとんど目立たない状態にすることが可能です。しかし凸凹したクレーター状のニキビ跡に関しては、一般的なレーザー治療を行っても綺麗に消すことが難しいです。また重度のニキビ跡になると治療をしても綺麗に消えないことがあるので、注意が必要です。そういった症状まで進行が進んでいる場合、フェミークリニック心斎橋院ではご自身の脂肪や真皮・脂肪などを移植して陥凹性瘢痕を埋めたり、皮膚を切り取って移植するといった大掛かりな治療を施す場合がございます。頑固なニキビ跡のことでお悩みの方は、フェミークリニック心斎橋院にご相談ください。

  • Q.

    ニキビ跡の治療は痛いですか?どれくらいの痛みですか?

    A.

    ニキビ跡の治療をなされる際には患者さまの感覚の違いなどもあるため一概にどれほど痛いのかと言ったことはお伝え出来ませんが、痛みに鈍感な方でありましたらそれほど痛みなどを感じずに、治療を受けていただくことが可能です。 患者さまの中で過去にエステなどでワキなどの脱毛をされた際に、激痛を伴ったという方もいれば全く痛みを感じずに、施術が終わっていたという方などもおられますので、痛みの分野に関しては個人様の感じ方次第です。ただ痛みが怖いという場合には、事前にスタッフにご相談いただき、過去にどのような治療を行ったのかなどを具体的にお伺いさせていただき、患者さまにあった施術を提供致します。

  • Q.

    ニキビを潰してできた跡は綺麗にすることできますか?

    A.

    潰した跡というものは後々まで残ってしまうことが多く、さらに状態を悪化させることにつながります。フェミークリニック心斎橋院では、美容医療の進歩は著しく以前であれば高度で難しいとされた治療も、専門ドクター陣が責任を持って治療をしています。

  • Q.

    ニキビ跡にならないようにするには何に気を付けたらよいですか?

    A.

    過剰な皮脂や毛穴のつまり、アクネ菌の繁殖などが重なることで起きやすくなるニキビは、膿が溜まって痛みを感じるほど症状が進んでしまうと、炎症が治まった後になっても、ニキビ跡が残ってしまうことがあります そんなニキビ跡を残さないようにするためには、治療の際に注意しておくべき点がいくつかあります。まずは、膿が溜まって痛みを感じるようになるほどまで、炎症が進んでしまわないように、早めに治療をしておくことです。またニキビが出来てしまったときには、触ったり無理につぶしたりしないことが大切です。その他には、紫外線を浴びないように対策をしておくことがオススメです。

  • Q.

    かなり前にできたニキビ跡でも治療できますか?

    A.

    かなり前にできたニキビ跡でも、ニキビ跡に応じた治療ができます。かなり前にできたニキビ跡で、クレーターのように肌に凹凸ができたものでも対応可能です。軽度の場合は、多くのクリニックでも取り入れられているダーマペンなどで改善が見込めます。中等度以上のニキビ跡にも同じ治療法を行う場合がありますが、十分な効果は実感できないこともあります。ニキビ跡でお悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。