PRP治療(ACR)

ACR

PRP治療(ACR療法)とはどんな治療法?

PRP治療という治療法は昨今美容医療の分野で注目されている療法です。この療法では自身の血小板を活用することで、肌の気になる部分を改善することができ、アンチエイジングを期待する人々から熱い注目を集めているのです。肌の若返りを図ることができると言ったメリットのあるPRP治療をフェミークリニック心斎橋ではどのような治療法でどのように実施しおり、どんなメリットがあるのかといったことについてご紹介してみたいと思います。

PRP治療とはどんな治療法?

PRP治療はACR療法とも言われ、美容外科の治療において昨今注目されている療法になります。PRPはPlatelet Rich Plasmaという多血小板血漿の略語で、自己多血小板血漿注入療法(PRP療法)と言われているのです。この方法では血液中にある血小板を用いて皮膚などに対する若返りを図っていくという新しい治療範囲の療法です。 患者様ご自身の血液から抽出した血小板を利用し、低下した肌機能を蘇らせる治療方法です。血小板には新しく血管を作ったり、コラーゲンの生成を促したりする成長因子が多数含まれ、肌の細胞を活性化させる事が出来ます。

血小板には血を止めたり、壊れた血管や細胞を修復させるといった働きがあるのですが、この血小板には成長因子とよばれる成分が含まれており、身体を元気にして若返らせてくれるといった成分を含有しているのです。この成長因子は細胞の表面から細胞に対して元気になるように刺激を与えてくれ、このことで弱まっている細胞が活力を得て元気になることができ、そのことでアンチエイジングの効果が有ると言われているのです。

PRP治療ではこうした血小板の持つ働きを活用することで、皮膚にある気になるニキビなどの状態を改善する効果を得られると言われています。そして、そのことによってアンチエイジング効果を得て肌をより元気な状態にすることができるのです。

フェミークリニック心斎橋ではどんな流れで治療を行うのか?

ではこのようなPRP療法(ACR療法)を行うという場合、どのような方法で治療が行われるのでしょうか?そこで、治療の流れについてご紹介してみたいと思います。まず、この療法を始める場合には多血小板血漿(PRP)の抽出が必要になります。

この成分の抽出には、フィブリネットAGFと言われる専用キットなどが用いられます、そして、特殊なフィルターを用いて成分を遠心分離機によって分離させることで目的の成分を抽出していくのです。この血漿液は通常の4倍くらいから10倍くらいの血小板が含まれており、この成分を用いて治療を行っていくのです。 血小板の抽出を終えた後は多血小板血漿(PRP)を顔の皮膚等の気になる部分に注入します。このプロセスは採血から注入まで約30分程度で行います。

この治療を受けたいといった場合には、治療前にまずは専門のスタッフによるカウンセリングを受けていただき、大切なポイントや費用面などの説明を受けて納得したうえで治療に進んでいただいております。

PRP療法の効果とメリット、安全性について

PRP療法は若返りやお肌の活性化にも効果があると言われています。血小板のもつ成長因子により、肌全体に若返りの効果があり、しわやたるみが気になる部位に血小板を注入する事で改善する事が出来ます。また、注入を行う事で肌代謝が活性化されるため、にきびや、にきび跡、毛穴やしみなどの治療にも効果的です。

PRP療法(ACR療法)を行うと、これまでいろいろ気になっていたり悩んでいた肌の悩みを改善して、もっと自信を持って毎日の生活を送ることができるようになるといったメリットがあります。この施術を行った人はこれまで気になっていた口元のシワなどがあまり気にならなくなって、友人たちから若いと言われる機会が増えたという人も多いです。

これまで肌のハリが少なくなってきてそのことで悩んでいたけれども、この施術を行ってもらったことで肌にハリが出て表情が明るくなったというコメントも多い人気の施術です。

一方でPRP療法(ACR療法)はご自身の血小板を利用してオリジナルの注入剤を作成する安全性の高い完全オーダーメイド治療です。フェミークリニック心斎橋では老化に伴う皮膚の変化(しわ・たるみ・ニキビ痕)に対する治療を目的とした自己多血小板血漿(PRP療法)を行うにあたり、厚生労働省から義務付けられた「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に従い、再生医療等提供計画を提出し受理されておりますので安心してご相談ください。

当院で使用する治療キット【マイセルPRPキット】は、人の体に戻すことを前提として、アメリカのFDA及びヨーロッパCEマーク(どちらも日本の厚生労働省の認定にあたる)を取得した非常に安全性の高いものです。また、患者様ご自身の血液を利用する治療法ですので、特に副作用もなくアレルギー反応もほとんどありません。 施術においても患者さまの肌の状態等を見極めパスキン針を用いる場合、注射器の先端は1本の針であるのに対し、パスキンは3本の極細針が備わり、均一に細かく肌に血小板を浸透させることで肌再生を促し、効果を高めます。 また、マイクロ針であるため針をさす痛みがほぼ無痛になり内出血が出にくいのもフェミークリニック心斎橋の治療の特徴です。 是非、安全性が高く効果を実感できるフェミークリニック心斎橋のPRP療法をご検討ください。